プレワークアウトサプリ C4 を科学的にレビュー

[記事公開日]2017/12/25
[最終更新日]2018/08/05

以前は自称サプリメントマニアを名乗り、世の中のありとあらゆるサプリメントを買い漁っていた私が、様々な論文や文献を調べるうちに世の中に出回っているほとんどのサプリメントはそれらの効果が過剰に誇張され、摂取して実際に効果のあるサプリメントなど一握りであることが次第に明白になってきた。

そんな私が、現在欠かさず摂取している主なサプリメントは、

 

  • ホエイプロテイン
  • クレアチン
  • プレワークアウトサプリメント

 

の3種類である。

これら3つは科学的にその効果の裏付けが取れた信用度の高いサプリメントであり、これら3種のサプリメントと日々の適切な栄養管理(特にプロテイン量とカロリー管理)と十分な睡眠を確保することで筋肥大にとってほぼ最適な環境を整えることができる。

➡<参考>筋肥大を増大させる科学的裏付けの取れた厳選サプリメント3種





今回は、これら3種のサプリメントの中のひとつ、プレワークアウトサプリ”C4”の効果について科学的根拠に基づいて紹介したいと思う。

C4

 

早速C4について詳しく見ていくことにしよう。



C4 に含まれる主な成分

 

ベータアラニン

 

ベータアラニンは、科学的にその効果が認められているアミノ酸の1種である。

ベータアラニンから合成されるカルシノンは、筋肉中のpHを中和させる働きがあり、結果として疲労物質が筋肉中に蓄積するのを遅らせる効果が期待できる。

 

これにより、疲労感を遅延させ、トレーニングパフォーマンスの低下を防ぎ、高ボリュームトレーニングが可能になる。

 

注意

ベータアラニンの効果を実感するには、1日当たり4~5 g程度摂取する必要があるが、1スクープのC4にはベータアラニンが1.6 gしか含まれていないため、ベータアラニンの効果を実感するのは難しいかもしれない。

1日あたりの規定量を厳守したうえで、不足分をベータアラニン単体のサプリメントから摂取するのも一つの手である。

 

クレアチン

 

クレアチンナイトレイトは、一般的なクレアチンモノハイドレートに比べて、吸収率が高く、値段も高価であり「スーパークレアチン」とも呼ばれている。

 

クレアチンを摂取することにより、瞬発的に大きなパワーを発揮することができ、パワーおよび持久力の増大が期待できる。

これによりトレーニングのトータルボリュームを増大させ、筋肥大の加速が期待できる。

 

注意
C4に含まれるクレアチンナイトレイトが、クレアチンモノハイドレートよりも優れていることを示す研究報告は今のところ発表されておらず、その効果はクレアチンモノハイドレートと大差はないと考えてよい

 

アルギニン

 

アルギニンAKGは、代謝の過程で一酸化窒素(NO)を生成する。これにより筋肉への血流が増大し、各栄養素が筋肉に効率的に運搬される。

さらに、成長ホルモンの分泌を促す効果があるとも言われている。しかし、アルギニンが持つとされる上記効果を強力にサポートする研究報告は現在のところなされていないのが現状である。

 

注意

アルギニンの1日当たりの摂取目安量は3~6 Gとされているが、1スクープのC4にはアルギニンが1 gしか含まれておらず、その効果を実感できるとは考えにくい。

こちらもベータアラニンと同様、1日あたりの規定量を厳守したうえで、不足分をアルギニン単体のサプリメントから摂取するのも一つの手である。



エクスローシブ・エナジーブレンド

 

さらに、Explosive Energy Blend(321 mg)として、無水カフェイン、テトラメチル尿酸、L-チロシンが含まれている。

しかし、エナジーブレンド321 mg中に含まれる無水カフェイン量が160 mgであることを考えると、1スクープのC4に含まれるテトラメチル尿酸およびL-チロシンの量は合わせて161 mgとなり、この量はテトラメチル尿酸およびL-チロシンの効果を肌で実感するには少々不十分であると考えられる。

 

カフェイン

 

カフェインは、興奮作用を持ち、集中力を高めてトレーニングのパフォーマンスを向上させる効果のある成分である。

安価であることと、その高い効果により、市販されているほとんどのプレワークアウトサプリに配合されている。

 

注意
カフェインの過剰摂取は命に関わる危険があるため一日の摂取量を1g以内に抑えておくべきである。

 

1日当たりの摂取目安量・およびタイミング
体重1kg当たり4mgをトレーニング30分前に摂取することになっている(体重80kgの場合、80×4=320mg)。

 

1スクープのC4には、カフェインが160 mg配合されているため、体重80kgの私にとっては少々物足りないといったところである。
​​

C4 のまとめ

 

 

これらの事実を総括すると、いずれの成分においても“C4”1スクープ中に含まれる量ではそれらの効果を肌で実感するには少々足りないことが分かった。

しかし、これらは0(ゼロ)か1(イチ)の世界ではないので、“C4”1スクープの摂取でもある程度の効果は期待できると考えられる。

実際のところ私はトレーニング前にC4を1.5~2スクープ摂取しているが、ウエイトの挙上に集中しやすくなり、集中力のアップを実感している。


効果をもたらす主たる成分はカフェイン

 

実際問題、プレワークアウトサプリを摂取することによる効果の実感は“カフェインの効果”によるところが大きいと考えられる。

 

ベータアラニンやクレアチンは規定量を毎日継続摂取し、それらの体内濃度を高く保つことにより、効果を初めて実感できるのであり、トレーニングの直前に摂取したからといってその効果が即座に現れるものではないことに留意すべきである。

 

各成分の効果を最大限に実感したい場合

 

ベータアラニンやクレアチンの効果を確実に実感したい場合には、個別にサプリメントを購入し、継続的に規定量を摂取することをお勧めする。

 

とは言っても、プレワークアウトサプリに含まれる各成分(全てとは言わないが)は科学的に裏付けの取れた成分であるので、トレーニングのパフォーマンスを向上させ、高ボリュームでトレーニングを行いたい人は是非摂取を検討してみると良いだろう。

その他おすすめのプレワークアウトサプリについては以下の記事をご覧ください。